医療事務の質問疑問 解決ブログ

医療事務って誰でもできる?資格は必要?医療事務員の私が医療事務の仕事を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療事務の資格はどれをとる?

医療事務の資格はどれをとる?

医療事務の資格と言っても実はたくさんあります。

医療事務の資格試験にはどのようなものがあるかというと

・診療報酬請求事務能力認定試験
・医療事務技能審査試験
・医療事務管理士技能認定試験
・保険請求事務技能検定試験
などなど。

よく聞く医療事務資格試験、聞いたことのない医療事務資格試験、
名前が似ててややこしいなぁと思う医療事務資格試験。

医事関連で医療秘書や医療コンピュータ試験などもありますし。

なんで、こんなにたくさんの医療事務資格というのがあるのかというと
医療事務という資格は公的な資格ではないからです。

医療事務技能審査試験という資格試験は
医療事務スクール大手のニチイ学館で有名ですが
この資格試験に合格すると
メディカルクラーク(1級・2級)という称号が与えられます。

医療事務管理士技能認定試験は
日本医療事務センター ニック(現在はソラスト)で有名で
医療事務管理士という称号が与えられます。

○○協会、○○財団など各種団体が主催する民間資格なので
法律上の規定が無いため
医療事務資格と言ってもいろいろあるわけで、
その医療事務資格試験に合格するとそれらの団体より認定されて
上記のような称号がある場合は
そういう資格名が与えられるのです。

さて、どれをとるのがいいかと言うと難しいです。

求人情報を見ると(要)資格の箇所に
資格試験を指定しているのを何度かみたことがありますが
ほとんどは医療事務資格と漠然とあります。

でも実際は資格が必要だとしているところは
少ないようですが。

資格試験を指定してくるところは
公立の医療機関や保険事務所などで
診療報酬請求事務能力認定試験
もしくは医療事務技能審査試験が多いです。

診療報酬請求事務能力認定試験は
医療事務資格試験のなかでも一番難易度が高いですが
民間資格と言ってもかなり知名度、信頼度が
あるようです。


医療事務ブログならにほんブログ村 医療・福祉系資格

最後までお読みいただきありがとうございます。
医療事務をめざしてがんばってください!!。

関連記事
ジャンル : 就職・お仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。